トップページ > 第14回オープンフォーラム >>

平成25年10月18日

The 14th Open Forum Title
プログラム
参加申込書 ポスター
アクセス

プログラム
10月29日(火)
  開会    (司会)浅沼修一:名古屋大学農学国際教育協力研究センター教授
13 : 30 - 13 : 45  1)開会挨拶
     渡辺 芳人:名古屋大学理事(国際・広報・社会連携関係担当)・副総長

 2)主催者挨拶
     山内 章:名古屋大学農学国際教育協力研究センター長

 3)来賓挨拶 
     佐藤 兆昭:文部科学省大臣官房政策課政策情報分析官(海外協力担当)
    
  基調講演    (司会)伊藤香純 : 名古屋大学農学国際教育協力研究センター准教授
13 : 45 - 14 : 35  1) 世界の農業と食料安全保障の将来と若者に期待するもの
     小沼 廣幸:国際連合食糧農業機関(FAO)事務局長補兼アジア太平洋地域代表
                    明治大学農学部客員教授
    
 2) いま求められる農学研究者と途上国フィールド研究
     堀江 武:農業・食品産業技術総合研究機構理事長

14 :35 - 14 :45  休憩 
    
  講演:国際的に活躍する人材、そのキャリアパス    (司会:犬飼義明 : 名古屋大学農学国際教育協力研究センター准教授)
14 :45 - 17 :00  1) More Than Following Your Passion 
     石谷 学:国際熱帯農業センター (CIAT) 上級研究員

 2) 若手研究者はなぜ「外に出られない」のか? 〜メリットとデメリット〜 
     倉井 友寛:国際半乾燥熱帯作物研究センター(ICRISAT)研究員

 3) 私たちが得意なこと、私たちが苦手なこと
     石橋 朋子:国際獣疫事務局(OIE) アジア太平洋地域事務所副代表

 4) 国際協力分野のキャリアパス −「魔の10年」克服のために−
     杉山 俊士:国際協力機構国際協力専門員(水産分野)

 5) 新しいカタチの国際協力を目指して
     大野 康雄:株式会社JIN 代表取締役

17 :00 - 17 :10  休憩 
    
   講演:大学によるグローバル人材育成プログラム    (司会)槇原大悟 : 名古屋大学農学国際教育協力研究センター准教授
17 :10 - 18 :00  1) 文部科学省における大学の国際化とグローバル人材育成の取組みについて  
     安藤 博:文部科学省高等教育局高等教育企画課国際企画室専門官

 2) 鳥取大学農学部における海外実践教育:国際乾燥地科学コースと若手研究者インターナショナル・トレーニング・プログラム  
     安延 久美:鳥取大学農学部准教授

18 :30 - 20 :00  交流会 (場所: 名古屋大学内) 
    

10月30日(水)
   講演:大学によるグローバル人材育成プログラム    (司会)槇原大悟 : 名古屋大学農学国際教育協力研究センター准教授
9:00 - 9:50  3)インドネシアの大学との教育連携プログラム  
     太田 寛行:茨城大学農学部教授・農学部長

 4) カンボジアおよびタイとの学生交流プログラム  
     川北 一人:名古屋大学大学院生命農学研究科教授

9 :50 - 10 :10  休憩 
    
  総合討論 「グローバル農学人材の育成に向けて我が国の大学が取り組む課題」
10 :10 - 11 :40  モデレーター
     浅沼 修一:名古屋大学農学国際教育協力研究センター教授
 パネリスト
     石谷 学:国際熱帯農業センター (CIAT) 上級研究員
     倉井 友寛:国際半乾燥熱帯作物研究センター(ICRISAT)研究員
     石橋 朋子:国際獣疫事務局(OIE) アジア太平洋地域事務所副代表
     杉山 俊士:国際協力機構国際協力専門員(水産分野)
     大野 康雄:株式会社JIN 代表取締役
     安延 久美:鳥取大学農学部准教授
     太田 寛行:茨城大学農学部教授・農学部長
     川北 一人:名古屋大学大学院生命農学研究科教授

  閉会
11 : 40 - 11 : 50  山内 章:名古屋大学農学国際教育協力研究センター長
    
戻る