農学国際教育協力研究センター

ICCAE

ホーム > イベント情報 > オープンセミナー > 2017年度第2回オープンセミナーインドネシア・ベンクルー州ムコムコにおける灌漑水田地域の農業生産動向

イベント情報

2017年度第2回オープンセミナー
インドネシア・ベンクルー州ムコムコにおける灌漑水田地域の農業生産動向

更新日:2017年12月07日

概要

開催日時 2017年11月6日(月) 15:30-17:00
開催場所 名古屋大学農学部第7講義室
講演者 Dr. リルス・A・キンセン (インドネシア・ボゴール農科大学 人間生態学部 講師)
言語 英語

アブラヤシ産業は,この20年間にインドネシアで急速に発展した。今日では,そのプランテーションはスマトラ,カリマンタンなどジャワ以外の島々のほとんどでみられる。スマトラ島ベンクール州のムコムコ地区も同様である。そこでは,なんと灌漑水田もアブラヤシ園に転用されてきた。しかし近年,興味深い現象がみられている。それは,灌漑水田からアブラヤシ園となった農園が,再び水田に転換される例が現れているのである。本セミナーでは,このような農業実践の動態を「構造化」という社会学的視点から分析し,解説する。

ページ先頭へ戻る