農学国際教育協力研究センター

ICCAE

ホーム > イベント情報 > オープンセミナー > 2016年度第4回オープンセミナー 越境する米作り -ビジネス、生態系、技術と持続可能性―

イベント情報

2016年度第4回オープンセミナー
越境する米作り -ビジネス、生態系、技術と持続可能性―

更新日:2016年10月27日

概要

開催日時 2016年9月30日(金) 15:30 - 17:00
開催場所 名古屋大学農学部第7講義室
講演者 鴨下顕彦 氏(東京大学アジア生物資源環境研究センター 准教授)
言語 日本語

米作り、いま何がホットなのだろう?小麦やとうもろこしと比べて国際取引の少ない米をマーケットに載せられるようなビジネスモデルづくりだろうか?2050年には97億に達する人口の多くにとっての主食としての重要性だろうか?認証特別栽培米のような米作りの過程への関心の増加だろうか?驚くような真新しい事柄はないかもしれないが、米作りってこんなものだ、という既存の思い込みを、少しずつ広げてゆくような変化(=越境)は各地で起こっている。本セミナーでは、日本やアジアの人々にとってなじみ深い米作りをテーマとして、最近の新しい動向について、米ビジネス、稲生態系、研究技術開発という視点から、内外の事例を含めながら紹介し、今後の持続可能な稲作について考察する。

2016-4OSr.jpg

ページ先頭へ戻る