農学国際教育協力研究センター

ICCAE

ホーム > イベント情報 > オープンセミナー > 2015年度第1回オープンセミナー "フィリピンの天水田稲作を対象とした根研究の現状と将来展望"

イベント情報

2015年度第1回オープンセミナー
"フィリピンの天水田稲作を対象とした根研究の現状と将来展望"

更新日:2015年08月26日

概要

開催日時 2015年04月28日(火)15時30分 - 17時00分
開催場所 名古屋大学農学部第2講義室
講演者 Roel R. Suralta (名古屋大学JSPS外国人特別研究員)
言語 英語

アジアには、灌漑施設を持たず不安定な降雨に頼ってイネを栽培する天水田が多く存在する。アジアとりわけフィリピンにおけるコメ増産を実現するためには、天水田における生産性の向上が重要である。これまでの研究の多くは、天水田における低生産性の要因を主に土壌水分欠乏に求めてきた。しかし、最新の研究からは、土壌水分の変動(干ばつと湛水の繰り返し)も大きなストレスであることが示されている。このような土壌水分ストレス条件下における作物の適応性と生産性維持には、根の可塑性が重要な形質である。本セミナーでは、フィリピンの天水田稲作を対象とした根研究の現状と将来展望について議論する。

201501os.gif

ページ先頭へ戻る