農学国際教育協力研究センター

ICCAE

ホーム > イベント情報 > オープンセミナー > 2012年度第1回オープンセミナー "気候変化・変動下での東アフリカにおける食糧・栄養安全保障の確保:稲作に関する研究シナジーの活用"

イベント情報

2012年度第1回オープンセミナー
"気候変化・変動下での東アフリカにおける食糧・栄養安全保障の確保:稲作に関する研究シナジーの活用"

更新日:2015年08月28日

概要

開催日時 2012年7月24日(火)15:30 - 17:00
開催場所 名古屋大学農学部第7講義室
講演者 John Munji KIMANI (国立農業研究所研究員(ケニア)/ ICCAE客員研究員)
言語 英語

コメは、東アフリカにおける食糧および栄養安全保障、ならびに農家の収入源としてますます重要な作物になりつつある。同地域は、コメの輸入依存度が高く、コメ生産は、気候変化・変動および生産資源基盤の減少に脅かされている。このような現状を持続可能な方法で克服することが急務となっている。それは稲作に関する研究シナジーの実現と強化、すなわち環境に適応した品種の導入、気候データの収集と活用、作物予測シミュレーションモデルの利用を通して、気候変動の悪影響に対処する農家の能力をエンパワーすることによって達成可能である。さらに、同地域におけるコメの自給達成に向けて、生産性向上に有効な政策の立案も急務である。

201201os.gif

ページ先頭へ戻る