農学国際教育協力研究センター

ICCAE

ホーム > 研究活動 > 研究テーマ一覧 > ネパールの森林保全における家畜糞尿を用いたバイオガス導入の効果に関する実証研究:伊藤 香純(プロジェクト開発研究領域)

研究活動

ネパールの森林保全における家畜糞尿を用いたバイオガス導入の効果に関する実証研究:伊藤 香純(プロジェクト開発研究領域)

伊藤 香純(プロジェクト開発研究領域)

多くの開発途上国では、日々の煮炊きに使う薪炭材の採取が森林減少の一要因として挙げられています。家畜糞尿を用いたバイオガスは、薪炭材の代替品としてNGOや国際機関の支援を通じて多くの開発途上国において急速に導入が進められていますが、薪炭材利用量の削減という効果以外は明確になっていません。本研究では、バイオガスの導入から20年近く経過しているネパールの丘陵地において、バイオガスの導入が薪炭材利用量だけでなく、森林植生、地域住民の生計活動、森林管理体制などに対する正負の影響について、定量的・定性的な実態調査に基づいた分析を行っています。


荒廃するネパールの森林

ページ先頭へ戻る