農学国際教育協力研究センター

ICCAE

ホーム > 研究活動 > 研究テーマ一覧 > カンボジアにおける市場ニーズにあった農産物加工産業振興による農村開発モデルの構築:伊藤 香純(プロジェクト開発研究領域)

研究活動

カンボジアにおける市場ニーズにあった農産物加工産業振興による農村開発モデルの構築:伊藤 香純(プロジェクト開発研究領域)

伊藤 香純(プロジェクト開発研究領域)

カンボジアは、長い内戦の後にようやく自給を達成しましたが、自国での加工品産業が未発達であるため、国内で消費されている加工品の殆どを隣国からの輸入に依存しています。しかし今後は、貧困削減や経済開発に向けて市場指向型の農産物や加工品の生産に力を注ぐ必要があります。

本研究は、カンボジア王立農業大学(RUA)と協力し、現地の農家と一緒に農産物加工品の開発・品質向上の実践を行うことで農民の生活向上を目指す農村開発モデルの構築を目指しています。2008年度より、カンボジアの伝統的な米焼酎を農産物加工品の一例として、消費者ニーズの把握、品質の向上、商品化、販路の開発を行い、既にカンボジア国内にて流通しています。


日本人専門家による酒造農家への技術指導

ページ先頭へ戻る